筋トレは必ず『何にもやらない日』『有酸素運動』を取り入れたほうがいい長続きする

筋トレ歴が長いと
『筋肉がついた』実感は毎年薄くなっていきます。

あとどれくらい筋肉がつくかの計算はこちら

【筋トレ中~上級者】FFMIを知って筋肉がどれくらいつくか限界値を知ろう

その時点で減量するといいのですが
1回やりきったのでまた減量に向かうモチベーションは

低いです。
なので究極までやったら

あとは適正な量・強度で
進めていくことがとても大事です。

そうすると毎日行く意味は
ないんだよな。

【最大2年保証】ANTARES 可変式ケトルベル ケトルベル 3.6Kg~18Kg 筋トレ 有酸素運動 重さ調節可能 トレーニング 家トレ 滑りにくい シェイプアップ マルチジム ウェイトトレーニング フィットネス エクササイズ ダイエット ストレッチ 腹筋 背筋

感想(87件)

毎日行く理由

と言われるとちょっと困るのですが
それまでは1日おき→日曜日以外→毎日

という流れがありました。
(実験的に週に2回まで落とした時期もあります)

けっこういろいろな変遷があって
今があるのですが

今となっては
『そこまでやる必要あるか』

と常に自問自答があります。
効果はさておいて

行けばプラスであるし
朝、体を動かすことはとても気分がいい

高齢者がラジオ体操するような感覚ですね
おそらくラジオ体操する人は雨以外行くと

思うので
毎日じゃないですか

その感覚に近いです。
毎日やっていると常にどこかが筋肉にハリが

ありますが一方では
毎日やり耐性がついてくると

なんとなく負荷がのりにくくなる
というデメリットもあります。

よほどのことでないと筋肉痛にはなりません。
コレ効いているのか?という感覚になります。

『もっともっと』になるんですよね。

なにもしない恐怖を取る

あとはというか、大半なのですが
精神的な問題、なにもやらないのが気持ち悪い

ということです。
なので去年の緊急事態宣言は最悪でした

有酸素は最高の快楽

そこで何も筋トレに固執せず
有酸素の日とかを作って

その流れで何もしない日も
作っていくのはどうかなと思っています。

有酸素は筋トレと違った満足度があるので・・

あとはトレーニング時間を
もっと削ぎ落とすのもありかなとも

思います。
BIG3以外はもうやらないってのもありだと

思います。
BIG3=ベンチプレス・デッドリフト・スクワット

最も強度の高いトレーニング。
初心者はこれだけやってほしい。

常に変化、が基本

新しい時期ですので
色々変えてみようと思っています。

最低の時間で最も効果を上げるのが
1番理にかなっているわけですからね。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。